バックナンバー


 Begin 10月号にてオリーチェレザーコレクション・ブライドルレザーコレクションが紹介されています。

●Begin 10月号

Begin 10月号
Begin 10月号

革なめしの本場、イタリア・トスカーナ地方のタナリー『Orice(オリーチェ)社』によって、植物タンニング法でなめされたレザーを両面に使用しています。ベジタブルタンニングレザーとは、天然の植物エキス(樹皮、樹木の根など)のみを使ってなめされるレザーのこと。環境に優しく、革本来の質感、しわや味を堪能することができます。 

→オリーチェレザーのより詳しい情報はこちら 


 monoマガジン合併号にて新作AJ(アンディージョーンズ)のキャパスキャリオールが紹介されています。。 

●monoマガジン 合併号

monoマガジン合併号
monoマガジン合併号

アンディジョーンズコレクションに使用されているレザーは、カーボンの持つ硬質で上質な質感を再現したレザーです。革本来のしなやかさから構成された商品スタイルと、カーボンの質感を革表面に立体的に再現した高度な技術が融合した、革新的なコレクションです。 

→AJ(アンディージョーンズ)のより詳しい情報はこちら 


 Begin 9月号にて新作AJ(アンディージョーンズ)コレクションが紹介されています。。 

●Begin 9月号

Begin 9月号
Begin 9月号

アンディジョーンズコレクションに使用されているレザーは、カーボンの持つ硬質で上質な質感を再現したレザーです。革本来のしなやかさから構成された商品スタイルと、カーボンの質感を革表面に立体的に再現した高度な技術が融合した、革新的なコレクションです。 

→AJ(アンディージョーンズ)のより詳しい情報はこちら 


 monoマガジン 8.2号にてパナマハット・ブライドルレザーコレクションの販売をしています。 

●monoマガジン 8.2号

monoマガジン 8.2号
monoマガジン 8.2号

ブライドルレザーとは、フルグレインカウハイド(成牛の表革)を約6週間 天然植物エキスを用いてなめし、染色を施し、約3ヶ月かけてワックスを染みこませた革で、元来は馬具メー カーが馬の鞍を造る為に開発をした素材。ブライドルレザーは年月を重ねるごとにその光沢、艶を増し、とても味わいのあるものになります。 

→ブライドルレザーウォレットのより詳しい情報はこちら
エクアドルの天然素材であるパナマ草を使用して、職人が1点1点丁寧に作り上げたパナマハット。軽くて風通しも良く、夏場のデイリーユースはもちろん、国内外の旅行のお供にもオススメです。 

→パナマハットのより詳しい情報はこちら 


 Begin 4月号にて財布が紹介されています。。 

●Begin 4月号

Begin 4月号
Begin 4月号

掲載されましたブライドルレザー財布とは、フルグレインカウハイド(成牛の表革)を約6週間 天然植物エキスを用いてなめし、染色を施し、約3ヶ月かけてワックスを染みこませた革で、元来は馬具メー カーが馬の鞍を造る為に開発をした素材。ブライドルレザーは年月を重ねるごとにその光沢、艶を増し、とても味わいのあるものになります。
革なめしの本場、イタリア・トスカーナ地方のタナリー『Orice(オリーチェ)社』によって、植物タンニング法でなめされたレザーを両面に使用しています。ベジタブルタンニングレザーとは、天然の植物エキス(樹皮、樹木の根など)のみを使ってなめされるレザーのこと。環境に優しく、革本来の質感、しわや味を堪能することができます。 

→財布のより詳しい情報はこちら 


 SWEATER BOOKにてセーターが紹介されています。。 

●SWEATER BOOK

 SWEATER BOOK
SWEATER BOOK

紹介されましたセーターは、実際に英国パークレインジャー部隊に納入され、使用されている本格派セーター等。素材にもこだわる「パークレインジャーセーター」は、ウェールズを代表する山岳種、“ウェリシュマウンテンウール”を100%使用。海に囲まれた、雨風が強く気候の変化が激しい地方の羊は何世紀もかけて保温性など、優れた機能を持つ羊毛を身にまとうようになり、その羊毛は丈夫で保温性抜群。水に濡れても保温性が変わらず、あらゆる状況で保温性を確保してくれます 

→アパレルのより詳しい情報はこちら 


 OCEANS 2月号にて財布が紹介されています。。 

●OCEANS 2月号

 OCEANS 2月号
OCEANS 2月号

掲載されましたブライドルレザー財布とは、フルグレインカウハイド(成牛の表革)を約6週間 天然植物エキスを用いてなめし、染色を施し、約3ヶ月かけてワックスを染みこませた革で、元来は馬具メー カーが馬の鞍を造る為に開発をした素材。ブライドルレザーは年月を重ねるごとにその光沢、艶を増し、とても味わいのあるものになります。 

→ブライドルレザーウォレットのより詳しい情報はこちら


 Begin 2月号にてオリーチェレザー財布コレクションが紹介されています。。 

●Begin 2月号

 Begin 2月号
Begin 2月号

革なめしの本場、イタリア・トスカーナ地方のタナリー『Orice(オリーチェ)社』によって、植物タンニング法でなめされたレザーを両面に使用しています。ベジタブルタンニングレザーとは、天然の植物エキス(樹皮、樹木の根など)のみを使ってなめされるレザーのこと。環境に優しく、革本来の質感、しわや味を堪能することができます。 

→オリーチェレザー財布のより詳しい情報はこちら